パース

PERTH パース

パース基本情報

人口 約150万人 西オーストラリア州
時差 日本時間よりマイナス1時間
気候 1年を通じて快適な気候。日中の日差しは日本より強く、空気も乾燥していて、朝晩と日中との気温の差も激しい。
特に真夏は紫外線がきついため、日焼け止めを使用し、肌を保護するようにしましょう。

パースはオーストラリア第4の都市です。人口は2004年6月に150万人を超え高層ビルは増え続けています。パースで最も高いビル・セントラルパークはオーストラリアで6番目に高い建物です。街は「世界一美しい都市」と言われたほどきれいで、平日は人も多く活気にあふれているが、休日は比較的静かで閑静な環境です。


パース交通機関


【パースの空港事情】
パース空港:国際線・国内線の定期線用 パース国際空港

【都市交通】
都市交通としては、通勤電車、フェリー、双胴船、路線バスがある。
9つの都市を結ぶハイウェイがあるが、有料道路ではなく道路網は発達している。

【その他】
インディアンパシフィック号:州内・州外を結ぶ長距離旅客列車、高速バスもある


パースの見所

パース郊外はインド洋に面しており、美しい砂浜が広がっています。スワン川沿いに高層ビルや町が広がっています。交通事情も発達している。

キングスパーク
世界一流の風景とも言われるキングスパークは、ニューヨークのセントラルパークよりも大きく、春には野の花が咲き乱れる植物園もあります。地上620メートルの高さの遊歩道が完成し、鳥になった気持ちでスワン川の風景を一望できます。

【パースでのビーチ一覧】
北岸:クローリー(Crawley)、ネッドランズ(Nedlands)、ペパーミントグルーブ(Peppermint Grove)、モスマンベイ(Mosman Bay)
南岸:コモ(Como)、カニングブリッジ(Canning Bridge)、アップルクロス(Applecross)
※ロッキンハム、ロットネスト島、バセルトン、ダンズボロ、エクスマウスは絶好のダイビングスポットです。ダイビングコースでダイブ経験を楽しめる環境が整っています。