ケアンズ

Cairns ケアンズ

ケアンズ基本情報

人口 15万人 クイーンズランド州
時差 日本より+1時間
気候 クイーンズランド州の他の地域と同様に、雨季と乾季があります。夏は12月から始まる雨季によって降水量が増え、日中は湿度が高く夜間は暴風雨が多くなります。逆に冬は乾季にあたり、温暖でありながらも乾燥しています。標準的な日中の温度は、真夏が23-31度で真冬は18度なので、海から上がっても少し肌寒いと感じる程度でしょう。

ケアンズの空港事情

日本からケアンズ空港に直行便が就航しているので便利です。街の中心部まで車で10-15分なので、タクシーを使うことをお勧めします。シャトルバスも国際線の発着に合わせて運行しているので利用可能です。


ケアンズの都市交通

大都市と違い、小さい街なので観光用以外電車は通っていません。街の中は基本的に徒歩で歩き回れる距離なので、のんびり歩いて観光してみましょう。郊外のビーチや観光地に行くときはタクシーもしくは「サンバス」というバスを利用することになりますが、本数が少ないので時間を確認が必要です。ワーキングホリデーなど長期滞在する場合、車があった方が便利です。


ケアンズ見所

グレート・バリアリーフ

世界最大のサンゴ礁地帯として世界各国から観光客が詰めかける、言わずと知れた名所です。クイーンズランド州の海岸線に沿って2000km以上にも及び、宇宙からも見ることができるほど広大です。 シュノーケリングやスキューバ・ダイビングはもちろんのこと、珊瑚礁上空の遊覧飛行も楽しめます。

ミッション・ビーチ

ミッション・ビーチは、タウンズビルとケアンズとの中間にある、ビーチフロントの穏やかな町です。 コーラル・シーと呼ばれるコバルト色の海を臨むミッション・ビーチには、金色に光る砂浜が14km以上にわたり広がっています。スカイダイビングやラフティングなどハラハラするアドベンチャー・アクティビティを体験できます。

デイントゥリー

世界最古の雨林、デイントゥリーで身も心もリフレッシュ。
ケアンズから北へ2時間走った場所に広がる世界遺産の森デイントゥリーは1億3,500万年前から続く自然がそのまま残っています。世界最古の熱帯雨林であり、地球上でもっとも多様な動植物が生息する場所でもあります。


ケアンズでの食事

ケアンズは魚料理も肉料理もどちらも楽しめます。魚料理でお勧めが、アボリジニの言葉で「大きなウロコ」 を意味するバラマンディです。オーストラリアに棲む魚で硬いうろこに覆われた姿は古代魚のようですが、味は淡泊な白身魚です。
肉料理でお勧めは伝統的なファーストフードであるミートパイです。オーストラリアでは庶民的なおやつなので、お腹が空いたときや昼食代わりに食べられます。お肉がぎっしり入っているので、ひとつ食べればお腹がいっぱいになります。


ケアンズ豆知識

内陸部には熱帯雨林が広がっているので、オーストラリアにしか生息しない珍しい動植物を見ることができます。
コアラやカンガルーは勿論、ワラビーやウォンバット、クロコダイルやカモノハシなど興味がある方は是非足を踏み入れてみましょう。