オーストラリア

AUSTRALA

ワーキングホリデー初体験者にも安心。
日本の約20倍という広大な国土を持つオーストラリア。温暖な気候とその住みやすさから、ワーキングホリデー先としてとても人気があります。ロンドンの経済誌の発表では、世界130都市の中で、最も住みやすい都市を調査した結果、上位10位のうち、オーストラリアの6都市がランクインされていることでもその人気の高さがうかがうことができます。

オーストラリアのここがポイント

英語圏ワーホリ留学先の中でも治安の良さではトップクラス!!

オーストラリアは、アメリカやイギリスに比べると比較的安全な国だといえます。しかし、世界の中でも特に治安の良い日本以上に安全な国はありませんので、ワーホリ中は特に夜道に気をつけて!

ワーホリ中の仕事も見つけやすい!!

日系企業も多い上に、日本人観光客を相手にしたビジネスも多いため、オーストラリアでは英語力があまり無くても比較的仕事を見つけやすいです。しかし、語学力が高いほど希望の職種を探せるのは事実なので渡航前でも英語の勉強を頑張って!

大自然がすごい!!

日本の約20倍の国土が広がるオーストラリア。世界最大のサンゴ礁をもつグレートバリアリーフや地球のヘソと呼ばれるウルル(エアーズロック)など壮大な自然が広がっています。都市部から少し車を走らせれば、マイナスイオンいっぱいの大自然に触れることができます。

住みやすい都市のトップ10に6都市がランクイン!!

世界140都市を対象とした「住みやすい都市ランキング」のトップ10位にオーストラリアの主要都市4都市がランクインしています。なかでもメルボルンは4年連続1位という快挙を成し遂げるほど(2015年3月現在)。ヨーロッパ調の可愛らしい町並みはワーホリメーカーにも人気です。


気になる費用は?

WH留学プラン

語学学校 入学金・学費 12週間 25万円~50万円
ホームステイ4週間 8万円~12万円
ワーキングホリデービザ申請費 43,000円
航空券代金(片道) 8万円~
海外留学生保険(年間) 10万円~20万円
合計 55万円~95万円

留学費用詳細
語学学校 入学金 AU$100~200/週
語学学校 学費 AU$200~400/週
ホームステイ手配料金 AU$200~300/回
ホームステイ
(1日2食 一人部屋)
AU$250~300/週
空港出迎え AU$150~180/回

※上記価格は為替、経済状況、学校の授業編成により大きく変動することがございます。

物価/生活費について

家賃(アパートシェア) AU$100~250/週
光熱費・ネット代 AU$0~30/月
電話代金 AU$50~80/月
食費 AU$300~400/月
日用雑貨 AU$10~20/月
合計 月生活費 10万円~12万円

※あくまでも月々にかかる生活費の目安です。
※上記は、2015年3月現在での情報となります。

食品
パン AU$1.5~5/1袋
じゃがいも AU$2~4/1kg
AU$3~5/12個
牛肉 AU$2~3/100グラム
ビール AU$20~25/24缶
オーストラリアは経済的な発展も伴い、昔のように「日本と比べて安く生活ができる」ということはなくなってきています。特に外食したり一人暮らししたりと日本と同じ生活をしようと思うと、生活費は高くなりがちです。一人暮らしではなくフラットやシェア生活をしたり、外食は控えホームパーティーや自炊を中心に生活すると生活費が抑えらます。
また、オーストラリアの最低賃金は1,500円程度からと物価に比例して時給も高く、ローカルでアルバイトができれば、生活費をまかなうことには困らないでしょう。

地域データ

国土面積 約769万平方キロメートル
人口 約2,390万人
首都 キャンベラ
言語 英語
通貨 オーストラリアドル AU$=約86円(2015年11月現在)
気候 東部山脈の海岸側斜面は季節風の吹く温帯湿潤気候、南東部では偏西風の吹く西岸海洋性気候、南西部の沿岸は冬に降雨のある地中海性気候、北部の沿岸はサバナ気候、内陸部は砂漠気候