ワーホリブログ カテゴリー: その他

 

お金の持参方法

海外で長期間滞在する場合、一番心配なのがお金の管理の仕方ですよね。日本で貯金していた現地での生活費をどう管理するのか心配な方も多いはずです。今回は海外へのお金の持参方法をご紹介します。
お金の持って行き方は一つではなく、いくつかの方法に分けることをお勧めします。下記をうまく組み合わせて持参するようにしましょう。

① 現金

一番身近で手軽な方法が現金です。出発前に現地通貨に両替して持って行くと、到着してすぐに必要な交通費や食費などで支払うことができるので便利です。カード社会といわれる海外でも、店舗や購入金額によってはカードを使えない場合もありますので、お財布には最低でも数千円は入れておきましょう。しかし、盗難や紛失が起きた際ほぼ補償がきかないというデメリットがありますので、大金を持参することはオススメできません。

② 海外で利用が出来るクレジットカード

日本と違って、海外では現金よりもクレジットカードでの支払いが主流です。最低1枚、紛失した時や上限がいっぱいになった時のことを考慮して2枚持参した方が安心です。アメックスやJCBは利用できる店舗がかなり限られますので、カードの種類はVisaかMaterをおすすめします。また、発行には時間がかかりますので、早めに発行手続きを行いましょう。使いすぎてしまい限度額を超えてしまう場合もありますので、使い方には十分注意が必要です。キャッシング機能をつけることもできるので、現地で急に現金が手元に必要になった場合引き下ろすことができます。

③ デビットカード

支払う際に口座に引き落とし金額以上の残高がないと支払うことができないのがデビットカードです。銀行で提供されているカードになりますので、口座を持っている銀行で作成する、もしくは新しい銀行口座を開設する必要があります。各銀行によってサービス内容が異なりますので確認しましょう。クレジットカードと違い使いすぎを防ぐことができますので、カードを使い慣れていない方におすすめです。こちらもキャッシング機能をつけることができます。

④ 国際キャッシュカード

クレジットカードとデビットカードの以外で予備としてご紹介しているカードが国際キャッシュカードです。指定の口座に入金すると、その金額分海外で引き落とすことができるという便利なカードです。カード決済機能とキャッシング機能の両方を持ち合わせているものもあるうえに、入金額がそのまま利用限度額となるため、使いすぎる心配がありません。

いかがでしょうか。お金の持参方法はたくさんありますので、自分の使い方に合わせて選択しましょう。

海外でのインターネット環境に関して

現地での生活を始める際の心配事の一つがインターネット環境ですよね。日本では当たり前のように使っているインターネットですが、海外ではどのように利用すればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
今回は、海外でのインターネット利用方法をお伝えいたします。

① 学校

ほとんどの語学学校にはパソコンが置いてあり、授業で使われることも多くなってきています。授業で使用されているとき以外、生徒は誰でも使用することができますが、台数が限られているため休み時間や授業終わりなどは空きが少なくなるので注意が必要です。また、最近では学校にWi-Fiが通っていることも多いため携帯電話やタブレットを持ち込んで利用することもできるので便利です。

② 公共Wi-Fiスポット

カナダもインターネット環境は普及しています。カフェやホテル、レストランだけでなく、インターネットカフェや州立図書館などでも使用可です。パスワードを入力しなくてもいい場合もありますが、ロックがかかっている場合は店員や職員に確認しましょう。日本と比べて、インターネットの通信速度が遅いことが多いと言われていますが、かなり多くの場所でインターネットを使うことができるので便利です。ワイヤレスのノートパソコンやタブレットをもって出かけましょう。ただし、有料のものや契約が必要な場合もあるので注意しましょう。

③ 滞在先

最近ではWi-Fiを導入しているホームステイ先やシェアアパートメントも増えています。煩わしいプロバイダーとの契約を避けたい場合は、シェアアパートメントを探す際無線ラン環境であることを確認しましょう。ただし、滞在先によっては動画や音楽のダウンロードをしないというようなルールが定められていたり、一定以上の通信量を超えると別料金がかかったりすることもありますので注意が必要です。また、ご自身で契約する場合は、クラスメイトやアルバイト先の先輩に確認すると、より良い情報を得られるでしょう。

④ 自己契約

ヘビーユーザーの方はポケットWi-Fiを契約する方法もあります。その場合、日本で購入して持ち込むこともできますが、現地の携帯電話とうまく連動しない場合もありますので、注意しましょう。現地で購入する場合は自分の使用頻度に合わせたプランを十分に検討したうえで契約することを心掛けてください。
 
 
いかがでしょうか。日本ほど快適とはいかないまでも、海外でも普段利用するには十分なインターネット環境が整っています。無料でWi-Fiを使える場所をうまく利用し、費用を抑えるよう工夫することをお勧めします。

海外での仕事探し 面接の受け方

前回は海外で仕事を探す際の履歴書の書き方についてお伝えしました。では、実際にどのように仕事を探すのかを今回ご案内いたします。

海外で仕事を探す方法は大きく分けて3種類です。
1つ目は学校の友人や知人に仕事を紹介してもらう方法です。こちらは比較的スムーズに仕事が手に入るでしょう。

2つ目はインターネットの求人サイトから応募する方法です。日本と同じように無数の求人サイトがありますが、大きく分けて日本人用のサイトと英語のみのサイトがありますので目的によって選択しましょう。まず日本語で書かれているサイトですが、日本食レストランや土産物店などの求人が多くなります。英語力があまり求められないので渡航したばかりで英語力が低くても働けますが、時給が低いというデメリットもあります。英語のサイトはローカルのレストランやカフェなど英語環境の中で働きたい方にお勧めです。しかしネイティブと仕事を取り合う可能性もある分、高い英語力は求められます。ただし、時給は高いので、せっかくの海外生活を満喫したい方はぜひチャレンジしてみましょう。

3つ目はアポなしでレジュメを渡しに行く方法です。特に飲食店や販売などのアルバイトの募集はわざわざ求人サイトに情報を載せないことも多いので、気になるお店に求人のチラシが貼っていないか確認しましょう。もし貼っていなくても直接行って店頭にいるスタッフに聞き履歴書を渡すことで、面接をしてもらえることもあります。このレジュメを渡す場合は数十軒の店に配ってまわる必要があったり数枚配っただけで返事をもらえたりと、状況によって様々です。

日本とは違い、直接レジュメを配るなんて面白いですよね。始めは緊張すると思いますが、文化の違いを楽しんで仕事を探してみましょう。

sec-main-seikyu.gif

海外での仕事探し 履歴書の書き方

ワーキングホリデーで一番心配なのが仕事を見つけることができるかどうかですよね。日本と全く違う国の仕事探しを不安に思っている方にも安心していただけるよう、今回は海外で面接を受ける際に必要な英文の履歴書とカバーレターの書き方についてご案内いたします。

日本同様、海外で求職活動をする際は基本的に英文履歴書が必要です。日本の履歴書は手書きが好まれますが、海外はインターネット上にある無料のテンプレートを利用することがほとんどです。履歴書には、自分の連絡先や履歴書送付の目的、過去の経験の要約を記載します。日本とは反対で新しい職歴から順に記載しますが、この職歴欄は過去に働いた会社名だけでなく、どんなスキルを得たかを具体的に書きます。どんな小さなことでも自分の学んだことはアピールできるので、できる限りたくさん挙げるようにしましょう。次に学歴、資格を、最後に紹介状を書いてくれた推薦者名を書きましょう。推薦人者は基本的に元職場の上司や学校の先生にあたり、実際に問い合わせて人柄や勤務態度について確認されることがあります。いない場合は書く必要はありません。

日本とは違う大きな点は履歴書を渡す際、カバーレターが必要という点です。このカバーレターには、志望動機や自己PRなどのアピールポイントを記載しますが、面接担当者が一番初めに見るものなので、簡潔でかつ興味を引くように書くことが必要です。

まずは氏名や連絡先などの個人情報を、次に応募先の名前や担当部署、住所などを記載します。本文としては希望職種や応募の経緯を書くのですが、この際自分のキャリアやスキルをその仕事にどう活かせるかをアピールすることが何より重要です。海外では日本のように謙虚さを求められることはほぼないので、積極的に主張することをお勧めします。そして最後に読んでいただいたお礼と面接の依頼で締めくくります。

いかがでしょうか。日本語でも履歴書を書くのは苦労しますが、慣れればたとえ英語でも時間をかけず作れるようになるはずです。また、使いまわせる箇所もありますので、渡航前から下書きを作っておくことをお勧めします。

sec-main-seikyu.gif

「在留届」の提出方法

海外でワーキングホリデーする際、忘れないように注意することが「在留届」の提出です。「在留届」とは、海外に3カ月以上滞在する場合に、その住所を管轄する大使館又は総領事館に自分が滞在していることを証明する書類のことです。万が一事件や事故が起こった場合や災害に巻き込まれた場合、日本国大使館や総領事館は「在留届」をもとに所在地や緊急連絡先を確認し安否確認を行います。よって提出していないと、大使館から連絡や援助を受けることができないので、必ず提出するようにしましょう。

届出の方法は2つあり、1つ目はオンラインでの提出、2つ目は用紙による提出です。
1つ目のオンラインでの申請の場合は、「在留届電子届出システム」というサイトにアクセスします。指示に従い必要事項を入力するだけで申請が完了できます。
2つ目の用紙による申請の場合は、最寄りの日本大使館または総領事館に出向き、申請書類に記入するだけです。必要なものは、パスポートのみで、日本の運転免許証があれば持参するとなおよいでしょう。

この「在留届」は日本で事前登録するのではなく、実際に海外に居住地を定めてから提出しましょう。また、提出後に転居など「在留届」の記載事項に変更があったときや帰国するときには、必ず連絡するようにしてください。オンラインで提出した方はこのシステムから変更が可能です。

詳細は下記をご確認くださいませ。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/

ネイティブの友人を作りたい!

ネイティブの友人を作りたい!!
誰しもがワーホリ前、そう考えますよね!

ただ、語学学校の中だけで過ごしていると、
意外とネイティブの友人を作ることは難しいです。

では、どうすればよいのか、、、

答えは簡単!積極的に外に出ていくことです。

ただ、外出をするということではなく、
自分が普段過ごしている環境から外に飛び出していくことが大切です。

例えば、習い事をしてみるとか、
地域のコミュニティに参加してみるとか、
大学のサークルに参加させてもらうなど、、、

大学のサークルとなると、その大学の生徒でないと参加できないのではないかと
思いがちですが、そんなことはありません!
意外と大学の生徒以外の人も大歓迎!というサークルも多く、
知っている人がいなくても、気軽に参加できます。

なんでも交渉次第です。
最初から無理と思わずに一度話をしてみましょう!
意外なコミュニティに参加させてもらえて、
新しい友人ができるかもしれませんよ(*^-^*)

ワーキングホリデーに関してさらに詳しく知りたい方は

arrow.jpgarrow.jpgarrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

世界8大不思議

世界8大不思議ともいわれている
「ツチボタル」

ツチボタルは洞窟の中に生息しており、
洞窟の暗闇のなかで放たれる無数のツチボタルの光は
素晴らしいの一言です。

ツチボタルは英語で「Glow Worm」と呼ばれ、
実はホタル科の昆虫ではなく、
キノコバエ科のヒカリキノコバエの幼虫です。

主にオーストラリアやニュージーランドに生息しており、
どちらの国でも有名な観光スポットです。

このツチボタルは自然世界遺産であり、
観察するツアーは観光客にとても人気です。

ワーホリでニュージーランドやオーストラリアに行った際には、
ぜひツチボタル観察ツアーに参加してみてくださいね☆

ワーキングホリデーに関してさらに詳しく知りたい方は

arrow.jpgarrow.jpgarrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

その場で食べると安くなる!

皆さんは軽減税率という言葉を聞いたことがありますか?

これは、消費税が与える生活への影響を抑えるためのもので、
生活必需品などに対して、通常の税率より低く設定される税率のことです。

生活必需品とは、食料品・衣類・衣料品などです。

この軽減税率を取り入れている国は、
フランス、イギリス、ドイツ、カナダなどです。

この軽減税率、日本では考えられない現象が起こります。

例えばドイツでハンバーガー屋さんに行った時に、
店内で食べると「外食」扱いになるので標準の税率が適応され、
テイクアウトにすると軽減税率が適応されますので、
同じハンバーガーであっても値段が変わります。

カナダだとドーナツを買う時に5個か6個で値段が変わります。
これも、その場で食べる=「外食」とみなして標準税率が適用されるので、
5個であれば標準税率、6個であればその場で食べきれないので、
食料品とみなされ、軽減税率の対象となります。

軽減税率を取り入れている国でワーホリをする際には、
この制度をうまく使って賢く生活をしましょうね♪

ワーキングホリデーに関してさらに詳しく知りたい方は

arrow.jpgarrow.jpgarrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

ボクシング・デー

ボクシング・デーとは、
イギリス、アイスランド、オーストラリア、ニュージーランドなどの国々の
キリスト教に由来した休日。

日付は12月26日です。

クリスマスの翌日で、
元々は、貧しい人たちのために教会が寄付を募り、
クリスマスプレゼントの箱 (box) を開ける日であったことから
“Boxing Day” と呼ばれています。

この日は、
クリスマスも仕事をしなければならなかった使用人達に
翌日、家族と過ごさせるための休日で、
この日は一家の者達は使用人に頼らず自分で全ての家事をしなければなりません。
またクリスマスにカードやプレゼントを届けてくれた郵便配達員にも、
この日に箱入りのプレゼント (Christmas box) をします。

さらに!
各国でバーゲンセールも行われますので、
この日を家の中で過ごすわけにはいきません!
ワーホリでこの日を過ごすのであれば、
アクティブに楽しみましょうね♪

ワーキングホリデーに関してさらに詳しく知りたい方は

arrow.jpgarrow.jpgarrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

移動式遊園地

日本でも
たまーーーに見かけることがある、
移動式遊園地。

アメリカやオーストラリア、カナダなどでは
学園祭やマーケット、イベントが行われる際に、
よくこの移動式遊園地を見かけます。

小さめの観覧車やジェットコースター、
空中ブランコなど、
移動式ではありますが、かなり本格的です。

ただ、本格的ではあるものの、
移動式遊園地を利用しているのは
だいたい幼稚園から小学生くらいの子供たちなので、
乗るとなるとさすがに恥ずかしいです。

ワーホリで移動式遊園地を見かけた際には、
恥ずかしさに負けずトライしてみてくださいね♪笑

ワーキングホリデーに関してさらに詳しく知りたい方は

arrow.jpgarrow.jpgarrow.jpg

sec-main-seikyu.gif