ワーホリブログ カテゴリー: ニュージーランド

 

ニュージーランドの交通機関

大自然を満喫できるニュージーランド、中でも今回は渡航者が多いオークランドの交通機関についてご案内します。

まずバスですが、オークランドの公共交通機関の中で一番身近でよく使われます。City LINKやInner LINK、Metrolinkなど行き先によって種類もたくさんあるので、自分の生活スタイルに合わせて選択しましょう。バス停には行き先とバス到着時刻が表示される電光掲示板があり、バスは基本的にバス停で止まってくれます。しかし多くの路線が通っているバス停は乗りたいバスが来たら手を上げて運転手に合図を送る方がよいでしょう。また、前のドアから乗車し、中央のドアから降車するのが一般です。バスの中では社内アナウンスが流れないので、自分の下りるバス停を逃さないように注意が必要です。また、その都度乗車の際運転手から切符を購入することもできますが、長く滞在する場合バスカードを購入しチャージすることをお勧めします。

次に、電車ですがオークランドではディーゼル車が走っています。乗車名に駅にある自動券売機で乗車券を購入できるだけではなく、AT HOPという電子マネーでも支払うことができますので、長く滞在する人は購入することをお勧めします。シティ中心地にあるBritomart駅は駅員さんも多くいますが、郊外の駅は未だに無人駅もありますので、駅のホームを出る際にはAT HOPをタッチすることを忘れないように注意が必要です。また、オークランドではバスを利用する人が多く電車に乗る人が少ないため、特に無人駅では周りに気を配ったり明るい場所で電車を待ったりと犯罪に巻き込まれないように注意しましょう。

また、フェリーやタクシーなども運行しているので、目的に合わせて利用しましょう。

ニュージーランド観光局 URL:http://www.newzealand.com/jp/

sec-main-seikyu.gif

ニュージーランドのビザ

大自然と多くの世界遺産があることが有名なニュージーランド。かつ残の影響で温泉もあるので、ゆったり過ごした方におすすめの国です。
そんなニュージーランドで勉強したいと思っている方には3つの選択肢があります。

まず3ヶ月以内の就学を希望する場合、観光ビザを取得する必要があります。しかし、入国時の審査のみなので、事前の申請は必要ありません。
また、現地で最大6カ月間、就学期間を延長することができます。

元々3カ月以上の渡航を希望している場合、学生ビザの申請をする必要があります。
観光ビザとの違いは、就学する学校によっては週20時間のアルバイトが認められるということです。
オンラインでの申請が可能で、申請にはビザ申請書や滞在資金証明書、入学許可証明書など必要提出書類を集めて提出します。
通常3週間ほどでビザが下りると言われていますが、時期によっては時間がかかる可能性があるので余裕を持って申請するように心がけましょう。

ニュージーランドで働きないと考えている方は、ワーキングホリデービザを取得します。
取得条件は申請時の年齢が18歳以上31歳未満であること、子供を同伴しないこと、滞在中の生活に必要最低限の資金をもっていることなどの条件がありますので、必ず確認しましょう。
就学期間は6カ月間、滞在期間は1年間ですが、特定の条件を満たしていれば3カ月間滞在を延長することができます。また、同一雇用主のもとでの就労に制限がないこともニュージーランドの特徴です。
ニュージーランド移民局のホームページでオンライン登録し、ワーキングホリデービザを選択し入力します。申請ののち胸部レントゲン検査を受け、結果を提出して申請完了です。

詳細はニュージーランド移民局のホームページをご覧ください。
http://www.immigration.govt.nz/

sec-main-seikyu.gif

経済成長率トップの国

人の数よりも羊の数のほうが多い国といえば、
ニュージーランド!

ニュージーランドの人口は日本でいうと大体兵庫県と同じぐらいです。
皆さんが思っていたよりも少ないのではないでしょうか?

ニュージーランドは酪農大国として世界で有名ですが、
去年から今年にかけての経済成長率が先進国の中で第1位だということを皆さんご存知でしょうか?

しかもその理由は、「羊」ではなく、「牛」にあるのです。

実は、国策で牛の飼育に力をいれており、
現在の2倍の頭数にする計画が進んでいるのです。
実際、ニュージーランドの輸出品の4分の1は酪農製品となっており、
世界の酪農製品輸出ランキングでみると、バターと全粉乳が世界1位、
チーズと脱脂粉乳が世界3位となっているほどの力を持っているのです。

ファームステイ先として人気の国、ニュージーランド。
これからワーホリをしに行く人は、ぜひニュージーランドの酪農を見てみたいものですね!

ニュージーランドのワーキングホリデーに関して

詳しく知りたい方は

arrow.jpgarrow.jpgarrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

ニュージーランドの都市をチェック

Wellington(ウェリントン)

Stewart Island(スチュワート島)

Auckland(オークランド)

Christchurch(クライストチャーチ)

オーストラリア生まれ、ニュージーランド育ちのコーヒー

ニュージーランドで定番のコーヒー、「フラットホワイト」

「フラットホワイト」とは、
エスプレッソとミルクを組み合わせたコーヒーです。

その起源には諸説ありますが、一番有力だと言われているのは、
オーストラリアのシドニーで生まれ、
その後ニュージーランドのウェリントンで今の形になったという説です。

CNN国際版のサイトでは、そんなウェリントンを
「素晴らしいコーヒーが味わえる世界8都市」として紹介しています。
1位はイギリスのロンドン、
2位はオーストラリアのメルボルンです。

日本でもフラットホワイトを味わうことができる
珍しいお店がいくつかありますが、
せっかくワーキングホリデーに行かれるのであれば、
本場の味を楽しみたいですね♪

ニュージーランドのワーキングホリデーに関して

詳しく知りたい方は

arrow.jpgarrow.jpgarrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

ニュージーランドの都市をチェック

Wellington(ウェリントン)

Stewart Island(スチュワート島)

Auckland(オークランド)

Christchurch(クライストチャーチ)

世界初の星空世界遺産

ニュージーランドのクライストチャーチとマウントクックの間にあるテカポ湖。

このテカポ湖は、世界一星空が美しいと言われている
スターライジングスポットです。

運が良ければオーロラを見ることもでき、
その星空を一目見ようと、世界中から観光客が訪れます。

「汚染されていない空」として世界で4番目に認定されており、
ほぼまったく光害を受けていない貴重な夜空。

ワーキングホリデーでニュージーランドに行っている間、
1度は訪れたい場所ですね(^^♪

ニュージーランドのワーキングホリデーに関して

詳しく知りたい方は

arrow.jpgarrow.jpgarrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

ニュージーランドの都市をチェック

Wellington(ウェリントン)

Stewart Island(スチュワート島)

Auckland(オークランド)

Christchurch(クライストチャーチ)

ニュージーランド人が大好きなパブロバ

ニュージーランドの人達は甘いものが大好きです。
そんなニュージーランドの人たちに長く愛されているスイーツ
【パブロバ】は、特にクリスマスのランチやディナーに欠かせない存在です。

パブロバという不思議な名前は、
1920年代にニュージーランドとオーストラリアを訪問したロシア人バレリーナ、
アンナ・パブロバの名前にちなんで命名されたそうです。

パブロバはメレンゲをカリカリに焼いた上に
生クリームとイチゴ、ラズベリー、ブラックベリー等の
新鮮な夏のベリー類やキーウィフルーツなどをトッピングして作ります。

意外と簡単にできてしまうスイーツなので、
ワーホリ期間中に手作りに挑戦してみてはいかがでしょうか?(^^)

ニュージーランドのワーキングホリデーに関して

詳しく知りたい方は

arrow.jpgarrow.jpgarrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

ニュージーランドの都市をチェック

Wellington(ウェリントン)

Stewart Island(スチュワート島)

Auckland(オークランド)

Christchurch(クライストチャーチ)

おせっかいなキーウィー

あわてんぼうのサンタクロースや
ジングルベルなど、クリスマスには
クリスマスソングは欠かせませんね!

国によってはその国独自のクリスマスソングがあったりします。

例えばニュージーランド。
ニュージーランドの子供たちのためのクリスマスソングとして
1961年に「Sticky Beak the Kiwi」(おせっかいなキーウイー)
が作曲されました。

この曲の内容は、
自分たちでなんでもできるというニュージーランド人の
プライドを表しています。
おせっかいなキーウィー(ニュージーランドの国鳥)は、
サンタさんに「南半球に来た時にそりを引くのはトナカイではなく、
僕、キーウィーがそりを引くんだからね!」と歌詞のなかで言っています。

クリスマスソングも国の特徴を知ることができて面白いですね!
来年のクリスマス、ニュージーランドでワーホリをされる方は、
おせっかいなキーウィーを歌えるようになって帰ってきましょう!

ニュージーランドのワーキングホリデーに関して

詳しく知りたい方は

arrow.jpgarrow.jpgarrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

ニュージーランドの都市をチェック

Wellington(ウェリントン)

Stewart Island(スチュワート島)

Auckland(オークランド)

Christchurch(クライストチャーチ)

ホビット村

映画「ロード・オブ・ザ・リング」の
撮影地として有名なニュージーランド!
なんとニュージーランドの映画の撮影場所は
150か所に及びます。

映画のロケ地となったあらゆる場所が
観光スポットとして大人気なんです!

特にホビット村のカントリーな雰囲気の場所に
泊まることも出来とのことで、
映画ファンからしたら興奮ものです。

ウエリントンではヘリコプターを利用する
ロード・オブ・ザ・リングのツアーもあるので、
ぜひ参加してみてください♪

映画ファンのかたはワーホリで撮影地を回ってみるのも
楽しそうですね♪
ニュージーランドの雄大な自然に圧倒されること間違いなしです!

ニュージーランドのワーキングホリデーに関して

詳しく知りたい方は

arrow.jpgarrow.jpgarrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

ニュージーランドの都市をチェック

Wellington(ウェリントン)

Stewart Island(スチュワート島)

Auckland(オークランド)

Christchurch(クライストチャーチ)

清潔度世界第2位

ニュージーランドは清潔度で世界第2位!

ベルリンに本部を置くトランスペアレンシー・インターナショナルが
今月、2014年12月に各国の公的部門の腐敗を指数化してランク付けする、
「世界腐敗認識指数」を発表しました。
調査はなんと175の国にまで及んでいます。

ニュージーランドは100点満点中91点。
1位はなんとデンマーク!
ニュージーランドと1点差で92点です。

1位 デンマーク
2位 ニュージーランド
3位 フィンランド
4位 スウェーデン
5位 ノルウェー
5位 スイス
7位 シンガポール
8位 オランダ
9位 ルクセンブルク
10位 カナダ

10位以内に日本が入っていないのは
少し悲しいですね、(**)
せっかくきれいな国、ニュージーランドにワーホリをするのであれば、
日本では味わえない空気を味わってみてください☆

ニュージーランドのワーキングホリデーに関して

詳しく知りたい方は

arrow.jpgarrow.jpgarrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

ニュージーランドの都市をチェック

Wellington(ウェリントン)

Stewart Island(スチュワート島)

Auckland(オークランド)

Christchurch(クライストチャーチ)

ニュージーランドでハンティング

ダイバーによるハンティングが認められている国は世界でも珍しく、
そのうちの一つがニュージーランドです。

なんとニュージーランドでは
イセエビやホタテ、ウニを採ることができます!

数や大きさに規定があるので
気を付けなければいけませんが、
ハンティングをすることができてしまいます。
ただし、海洋保護区ではハンティングができないので、
必ず現地の人に聞いてからにしましょう。

海外でもとれたての新鮮な
ウニやホタテが食べられるなんて贅沢ですね!

ワーホリに行った際にはぜひ
ハンティングしてみてください♪

ニュージーランドのワーキングホリデーに関して

詳しく知りたい方は

arrow.jpgarrow.jpgarrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

ニュージーランドの都市をチェック

Wellington(ウェリントン)

Stewart Island(スチュワート島)

Auckland(オークランド)

Christchurch(クライストチャーチ)