ワーホリブログ カテゴリー: 韓国

 

韓国の伝統菓子

韓国には伝統のお菓子が沢山あります。

少し日本と似ていて、季節によって食べるお菓子があり、
そのお菓子を食べる意味がついていることも多いです。

韓国では伝統菓子をスーパーやコンビニなどで買うこともできますし、
家族で仲良く作ることもあります。

今回は少しだけ韓国の伝統菓子をご紹介致しますね(^^)/

【ヤッパッ】
もち米をハチミツ、ゴマ油、しょう油で味付けし、
クリやナツメ、松の実などを混ぜて炊いた甘味のあるおこわ。
正月15日にはヤッパッを炊きカラスに捧げる風習が現在まで伝わっています。

【ヤックワ】
小麦粉にごま油、蜂蜜等を練りこみ、油で揚げたものを蜜に浸したもの。
甘くて香ばしく、やわらかいので口の中にいれるととろりと溶けます。
ゴマ油や、蜂蜜のような体にいい材料が入っていておススメです。

【セッピョン】
色がついているお餅です。
うるち粉に塩を混ぜて塊のまま蒸したもので、
うるち米、トウキ、ハチミツで三色にして作ることもありますし、
最近では粉末ジュース、ココア、パン粉などを
混ぜていろんな味や色を出したりすることもあります。

韓国で昔から親しまれてきた伝統的の味は、
自然素材を使っていたり、体に良い食材を使っているので、
ワーホリで疲れた時には味わってみてもいいかもしれませんね(^^♪

韓国のワーキングホリデーは住んでいる

地域によって申請方法が変わります。

詳しく知りたい方はワーキングホリデー最新情報へ!

arrow.jpg
arrow.jpg
arrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

韓国の都市情報

Seoul(ソウル)

カップルの記念日が多すぎて大忙し

日本では、お付き合いをした日から1年が立った時、
「1年記念日」としてデートをしたり、おいしいレストランに行ったり、
中にはこれと言ってなにもしないカップルもいたり、過ごし方は様々です。

日本の場合、
カップルにとっての記念日は多くて1年に一回、
長く付き合っているとそのうち記念日を忘れる、、、
なんてぐらい、そんなに記念日は重要視されていませんよね。

しかし、ご近所の韓国では、カップルは記念日で大忙しなのです。

まず初めに付き合い始めて22日目。
「トゥートゥ」という記念日があり、

次に49日記念日。

その次に100日記念日。
特にこの100日記念日は大切で、
カップルリングや花束など、ロマンチックな演出をします。

次が200日記念日、300日記念日。
その間にはもちろんバレンタインデーやホワイトデー、誕生日やクリスマス、
そして毎月14日には何かしらの記念日が設けられています。
とにかく、年中大忙しです。

ワーキングホリデーで韓国にいかれた際には、
素敵な人を見つかるのもよいですが、
少し忙しい一年になりそうですね(;’∀’)

韓国のワーキングホリデーは住んでいる

地域によって申請方法が変わります。

詳しく知りたい方はワーキングホリデー最新情報へ!

arrow.jpg
arrow.jpg
arrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

韓国の都市情報

Seoul(ソウル)

韓国のお雑煮

日本でお正月に食べるものと言えば、おせちやお雑煮ですよね!

実は韓国でも、日本のお雑煮にそっくりな家庭料理があります。
「トックスープ」という名前のお餅入りのスープです。

韓国でもお正月に食べる食べ物ではありますが、
普段もよく食べられている家庭料理です。

トックは日本のお餅のようには伸びません。
形はだ円で日本のお餅よりも薄く、触感がモチモチとしています。

スープの味付けはダシダと呼ばれる牛スープの素を使ったり、
牛肉でだしを取ることが一般的です。

韓国のお餅トックや、牛スープの素ダシダは、
意外と日本のスーパーでも見つけることができます。

簡単に作ることができますので、
一度チャレンジしてみてはいかががでしょうか?

そして、実際に韓国にワーホリにいかれた際には、
本格トックスープを味わいましょう☆

寒い中で食べるトックスープは格別だそうですよ(*^^*)

韓国のワーキングホリデーは住んでいる

地域によって申請方法が変わります。

詳しく知りたい方はワーキングホリデー最新情報へ!

arrow.jpg
arrow.jpg
arrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

韓国の都市情報

Seoul(ソウル)

韓国の人々が楽しみにしている旧正月

韓国の人々が楽しみにしている行事「ソルラル(旧正月)」

韓国ではお正月を旧暦でお祝いします。
2015年は2015年は2月19日(木)がソルラル、
2月18日(水)〜2月20日(金)がソルラル連休に当たります。

この時期になると、各地にいる親族が集まり、先祖を祝う儀式をしたり、
伝統の遊びをしたりします。
「ユンノリ」というすごろくに似たゲームが最もポピュラーなもので、
これは一方を平たく切った丸く細長い棒をサイコロ代わりに投げて進めていくものです。

また家でゆっくり話をしながらテレビを見たり、
映画鑑賞をしたりもします。
ソルラルには様々なジャンルの映画や番組が放映されるため、
見どころ満載です。
少し日本のお正月と似ていますね♪

また、一歩外に出ると、
お世話になった人などに贈り物をする習慣があるため、
デパートや大型スーパー、市場に多くの人が集まり、大忙しです。

韓国にワーホリに行った際には、
このような文化体験もしておきたいですね☆

韓国のワーキングホリデーは住んでいる

地域によって申請方法が変わります。

詳しく知りたい方はワーキングホリデー最新情報へ!

arrow.jpg
arrow.jpg
arrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

韓国の都市情報

Seoul(ソウル)

誕生日はわかめスープ

韓国では誕生日の朝、
誰かにわかめスープを作ってもらい、
食べる習慣があります。

韓国では母親は出産後2〜3週間、
回復食として『わかめスープ』を毎食、食べます。

自分の母親が我が子の成長を祈って食べた『わかめスープ』を
自分が誕生日に食べることで、
自分を生んでくれた母への、
感謝の気持ちを忘れない為に食べるそうです。

日本では生まれてきてくれたことに対して
周りがお祝いをしてくれますが、
韓国では生んでくれたお母さんに感謝をします。

私たちも誕生日の日、
改めて感謝の気持ちを伝えなければなりませんね!

韓国にワーホリに行った際には、
家族を大切にする文化を学ぶことができますよ(^^)

韓国のワーキングホリデーは住んでいる

地域によって申請方法が変わります。

詳しく知りたい方はワーキングホリデー最新情報へ!

arrow.jpg
arrow.jpg
arrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

韓国の都市情報

Seoul(ソウル)

ソウルの灯篭祭り

日本も暑い日が続く今日この頃ですが夏に入り盆の季節です。
灯篭と聞けば死者の魂を弔う送り火の一つ
灯篭流しを思い浮かべてしまいます。

実はソウルでも灯篭祭りが行われているのですが、
日本の行事の趣旨とは全く違います。

2009年から毎年11月に開催されるこのお祭りは
ソウルの清渓川(清渓広場から観水橋)までを
形豊かで華やかな灯篭が彩る祭りなのです。

昔話のキャラクターをはじめ最近では
ロボットやアニメのキャラクターをかたどった灯篭なども
見ることができるそうです。

灯篭を通じてソウルの歴史や文化を体感できると思います。

ワーキングホリデーで韓国へ行かれる際、時期が合えば
是非このお祭りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか!!

素敵な灯篭を目の前に日ごろのソウルの街並みと
一味違う情緒ある雰囲気を味わって下さいね。

韓国のワーキングホリデーは住んでいる

地域によって申請方法が変わります。

詳しく知りたい方はワーキングホリデー最新情報へ!

arrow.jpg
arrow.jpg
arrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

韓国の都市情報

Seoul(ソウル)

これから、韓国では・・・

今年の夏も日本は暑くなりそうですね!
そんな風にとても暑い日が続くと体調を崩しがちで、
何かスタミナのつく料理を食べたくなりませんか?

日本だけでなく、韓国の夏もとっても暑いです。
そこで今回は韓国の夏に良く食べられるスタミナ食を紹介します!

日本の夏のスタミナ食と言えばウナギかと思いますが、
韓国ではサムゲタン(参鶏湯)です。
サムゲタンとは、鶏肉の中にもち米や高麗ニンジン、ナツメ、
ニンニク、栗などを入れて煮込み、スープにしたものです。

日本での「土用の丑の日」の様に、韓国では夏の一番暑い時期の
7月中旬から8月上旬にかけて、陰陽五行説にもとづいて
「三伏(サンボク)」と呼びます。

そして、その時期にスタミナたっぷりのサムゲタンを
韓国の人はよく食べるそうです。

ワーキングホリデー中に韓国で夏を過ごす時はぜひ、
サムゲタンを食べてあっつい夏を乗り切りましょう!

韓国のワーキングホリデーは住んでいる

地域によって申請方法が変わります。

詳しく知りたい方はワーキングホリデー最新情報へ!

arrow.jpg
arrow.jpg
arrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

韓国の都市情報

Seoul(ソウル)

韓国のお買い物

韓国といえば可愛くてそして安いものがいっぱいです。
日本にも近いせいかファッションの傾向も少し似てますね。
そんな韓国の人たちはどこでお買い物するんでしょう。

まず、有名なのが、南大門市場!
ここは可愛い雑貨とりあえず多いことで知られており、ついつい
立ち止まってしまってなかなか前に進めないかもしれません。

そして、東大門!
おしゃれ好きには外せない場所となっています。
韓国人の友人にどこで普段買い物するの?と聞くと
みんなここを紹介します。日本でいう「原宿」みたいな存在のようです。
ワーホリ中も行く機会は多くなるかもしれませんね。

最後に、文井洞ロデオ通り!
ここは、ソウルの端にあるアウトレット。昔は売れない商品の在庫処理
などに使われていた場所らしいですが、今では周りをみると
50%OFF!の文字だらけのアウトレットとなっています。
有名ブランドも多数あるので要チェックですね。

このほかにも現地にはたくさんお買い物できる場所があるので
ワーキングホリデーで訪れた際は街にくりだして探してみてはどうでしょう。
ただし、お買い物のしすぎにはくれぐれも気をつけてくださいね。

韓国のワーキングホリデーは住んでいる

地域によって申請方法が変わります。

詳しく知りたい方はワーキングホリデー最新情報へ!

arrow.jpg
arrow.jpg
arrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

韓国の都市情報

Seoul(ソウル)

韓国のクリスマス

もうすぐ、クリスマスですね。

近年、K-POPブームによりたくさんの方がワーキングホリデービザを利用し
韓国へ渡航されています。

そんな韓国のクリスマスはどのようなものなのでしょうか??

今年の日本のクリスマスは火曜日で、平日ですよね><
しかし!!!
キリスト教徒が多い韓国のクリスマスは「国民の休日」なんです。
教会ではミサや歌、劇、イベントが行われクリスマスモード一色♪

ただ…
おごそかなクリスマスではなく日本と似ている部分もあって、
この時期はすでにソウルの街はイルミネーションで彩られ華やかなムードに。
メディアアートと呼ばれる光のアートも近年増えているんです。

ワーホリで滞在中の方は、この時期だけ見られる、
いつもと違った韓国の顔を楽しんでみてはいかがですか?

イルミネーションはクリスマスが終わっても残っているから、
クリスマス以降のワーホリに参加しても楽しめます♪

今までとは違うクリスマスを過ごしたい方は、是非
韓国でのワーキングホリデーに参加してみてくださいね♪

韓国のワーキングホリデーは住んでいる

地域によって申請方法が変わります。

詳しく知りたい方はワーキングホリデー最新情報へ!

arrow.jpg
arrow.jpg
arrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

韓国の都市情報

Seoul(ソウル)

韓国での少し変わった滞在方法

近年、韓流ブームにより多くの日本人の方がワーキングホリデービザを利用し

韓国へ渡航される方が増えてきております。

そこで他の国では味わえない韓国独自の滞在方法をご紹介しようと思います。

その滞在方法は「コシテル」です。

この滞在方法は少し狭いビジネスホテル!?のような滞在方法になります。

部屋の大きさは、大体2〜3畳くらいで、お部屋にベット、机

あとはシャワーとトイレがついているのが一般的です。

部屋の大きさや、設備などにより多少変わりますが、

1ヶ月40万ウォン〜60万ウォン位が相場となるようです。

また共同キッチンも設備されており、ご飯、キムチ等を無料で
提供しているところがほとんどです。

お部屋にシャワーとトイレがなくてもいいという方は

「コシウォン」という滞在方法もあります。
これは、コシテルの部屋の中にシャワートイレがなく

共同での利用となるとこになります。

コシテルよりも比較的料金は割安になりますので、
特に気にならないかたはこちらでもいいかもしれませんね。

ワーキングホリデーで韓国へ渡航される場合は、
是非一度試してみてはいかがでしょうか

韓国のワーキングホリデーは住んでいる

地域によって申請方法が変わります。

詳しく知りたい方はワーキングホリデー最新情報へ!

arrow.jpg
arrow.jpg
arrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

韓国の都市情報

Seoul(ソウル)