ワーホリブログ カテゴリー: アイルランド

 

アイルランド2016年度ワーキングホリデービザ要綱について

ヨーロッパ圏で就労経験が積めるため人気のアイルランド。高い英語力が求められるので仕事探しに苦労することもある一方で、日本人が少なく穴場スポットでもあります。この2016年度ワーキングホリデービザの要項が発表になりました。大きな変更点としては、対象者が以前までは25歳まででしたが、今回から30歳まで上限が引き上げになりました。詳細は下記をご覧ください。

2016年申請受理期間
第1回申請受付期間:2016年1月1日(木)~1月31日(日)
対象:2016年8月31日以前の渡航予定者。
第2回申請受付期間:2016年6月1日(水)~6月30日(木)
対象:2016年8月31日~2017年2月28日以前の渡航予定者。

【申請対象者】
初めに申請資格をご確認ください。ワーキング・ホリデープログラムは以下の基準を満たす全ての日本国籍の方が対象となります。
1. 現在日本に居住していること(申請時を含む)。
2. 一定期間(最長 1 年)アイルランドで休暇を過ごすことを本来の目的とすること。
3.申請書受理時点で、年齢が18歳以上30歳以下であること。
※申請対象者が25才→30才に変更となっております。
4. 扶養家族(配偶者含む)を同伴しないこと。配偶者に申請資格がある場合は、それぞれ申請することが可能です。
5. 有効なパスポートと帰国用航空券、または、それが購入できる充分な資金を保持していること。
6. アイルランド滞在中、生活に必要な資金として 50 万円以上の預金があること。
7. 以前「ワーキング・ホリデープログラム」でアイルランドへ渡航した経験がないこと。
8. 健康かつ、犯罪歴が無いこと。
9. 滞在期間をカバーする医療保険に加入すること。

【申請手順】
上記期間内に大使館宛に申請書をE-mailにて送付します。申請結果(第1回=2月中旬、第2回=7月中旬頃)をE-mailで受領した場合、下記書類を大使館へ郵送する必要があります。
◆提出必要書類◆
1)申請許可の E-mail
*大使館から送られた申請許可の E-mail を出力したもの
2)申請書と写真 2 枚 (6 ヶ月以内に撮影したもの)
*ステップ 3 で作成した申請書を出力し、写真 1 枚は申請書に貼付し、もう1枚は郵送してください。
3)パスポート(原本)
*アイルランドを出国する時点で、有効期間は 6 ヶ月以上必要です。(6 ヶ月+滞在期間)
4)パスポートのコピー
*顔写真のページとスタンプが押印されているページのコピー
5)履歴書(英文)
*従来の方法にて申請書類を郵送された場合でも、そのまま申請受付とさせていただきます。
*書籍等で紹介されている簡易なもので A4 サイズ1枚程度
6)卒業証明書(英文原本)
*最終学歴校の卒業証明書。現在就学中の方は、在籍証明書でも可。
7)残高証明書(英文原本)
*個人資金として 50 万円以上の金額を示す本人名義の残高証明書。
8)医療保険証券又は付保証明(英文原本と A4 コピー1枚)
*滞在期間をカバーする医療保険証券又は付保証明
9)航空券(原本と A4 コピー1枚)
*片道航空券又は往復航空券。E-チケット、予約確認書可。
10)返信用レターパック 510
*ご自身の住所、氏名記載のレターパック 510 の封筒(郵便局にて購入)

詳細はアイルランド大使館のホームページをご覧ください。
https://www.dfa.ie/irish-embassy/japan/

sec-main-seikyu.gif

妖精のための法律

アイルランドにはレプリカンという伝説の妖精がいます。
緑色の服を着た小さなおじさんの妖精です。
趣味は金貨を隠し持つことで、
捕まえようとしても小さくてとても動きが早い為、難しく、
見つけることさえ困難だと言われています。

アイルランドにはこのレプリカンにまつわる法律があります。
「レプリカンが家に来たら夕食を分け与えなければならない」
といったユニークな法律です。

この法律も驚きですが、
はたしてレプリカンを見たことがある人はいるのでしょうか??

どのような経緯でこの法律ができたのか
気になるところですが、
ワーホリ中にレプリカンに出会ったら是非
おいしい夕食を分け与えてあげてくださいね^^♪

アイルランドのワーキングホリデーに関して詳しく知りたい方は

arrow.jpg
arrow.jpg
arrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

アイルランドの都市情報はこちら

Dublin(ダブリン)

ハロウィン発祥の地

ハロウィンは古代ケルト族の行事が起源で、
アイルランドが発祥の地とされています。

古代ケルトでは10月の終わりに
夏と冬が切り替わるとされていました。

10月31日の夜から11月1日の朝にかけて
夏から冬に切り替わるとき、
時間と空間が曖昧な状態になり、
霊界とこの世がつながると信じられていたそうです。

その時古代ケルトの人々は、
10月31日の夜に霊界からやってくる
幽霊や魔女たちにとりつかれないように、
人々は悪魔やモンスターに扮装したそうです。

皆さんもハロウィンの時期に
ワーホリでアイルランドを訪れた際には、
魔女や幽霊に憑りつかれないように、
上手に仮想をしましょうね♪

アイルランドのワーキングホリデーに関して詳しく知りたい方は

arrow.jpg
arrow.jpg
arrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

アイルランドの都市情報はこちら

Dublin(ダブリン)

エメラルドアイランド

1年を通じて温暖な気候に恵まれ雨も多いアイルランドは、
牧草地や芝生が多く、冬でも緑が溢れているので、
別名「Emerald Island」と呼ばれています。

アイルランドの国花のシャムロックや、
バスや郵便ポストなどの公共の施設をはじめとして、
さまざまなところで緑色が取り入れられています。

アイルランド最大のお祭り、セントパトリックデイでは
国境を越えて、他国の人も緑色のものを身につけるなど
アイルランドにとって緑色は特別な色です。

緑豊かな環境でのんびりとワーホリを楽しみたい方にはオススメの国です☆

アイルランドのワーキングホリデーに関して詳しく知りたい方は

arrow.jpg
arrow.jpg
arrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

アイルランドの都市情報はこちら

Dublin(ダブリン)

アイルランドの公用語

皆さんはアイルランドの公用語をご存知でしょうか。
ほとんどの方が英語と答えるのではないかと思います。

実際、アイルランドではほとんどの人が英語を話しています。
が、しかし、
実はアイルランドの公用語はアイルランド語なのです。

現在、アイルランド語を話す人はかなり少なく、
田舎のほうにいけば聞くことができるぐらいですし、
国もアイルランド語を保存しようと動いています。

一部の地域では、公共向けの掲示板や道路標識の多くが
英語とアイルランド語の両方で書かれています。
また、政府の公職の名称をアイルランド語で表記したりと、
何かとアイルランド語が使われています。

ワーホリで英語を学びにアイルランドへ来た際には、
アイルランド語にも触れてみるのも面白そうですね♪

アイルランドのワーキングホリデーに関して詳しく知りたい方は

arrow.jpg
arrow.jpg
arrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

アイルランドの都市情報はこちら

Dublin(ダブリン)

アイルランドといえばギネス

アイルランドといえばやっぱりギネスです。

もちろん世界記録のギネスではなく、
ビールのブランド名です。

アイルランドの首都ダブリンにある
セント・ジェームズ・ゲート醸造所でギネスビールは生まれました。

ギネスビールの見た目はほぼ黒に近い茶色で、
味の特徴は強いホップの香り、そしてクリーミーな泡立

イギリス、アイルランドでをはじめとして、
世界中のパブで親しまれているギネスビールは
これがなくてはパブは開けない!!
と言われているほど今では愛されています。

現在世界150ヶ国以上で飲むことができるギネスビール。
アイルランドにワーホリに行った際にはぜひ本場の味を楽しみたいですね♪

アイルランドのワーキングホリデーに関して詳しく知りたい方は

arrow.jpg
arrow.jpg
arrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

アイルランドの都市情報はこちら

Dublin(ダブリン)

逆プロポーズ!?

英語でうるう年のことをLEAP YEARと言います。
そんな年に行われる伝統行事がアイルランドにはあります。

それが、2月29日に行われるこのイベント!
この日は、女性からプロポーズするというもの。
この愛の告白を受けた男性は必ず好意に答えないといけないという噂も・・・笑

一般的には、プロポーズは男性からすることが多いですが、
あえて女性からするというのがこのイベントの主旨なんです。

元々はカトリック教の決まりで女性から求婚をしてはいけないという
厳しい決まりがあった時代に女性の不満が爆発し、4年に1日だけ
女性からもプロポーズをできる日を作ってほしい!という
希望が多く寄せられてできたイベントだそうです。

よく考えるとこの時代から肉食女子たるものはいたのかもしれないですね。
このイベントをテーマにした映画も作られたほどですよ!
ぜひ、うるう年にワーキングホリデーで滞在する方は
イベントに参加してみてはいかがですか?

アイルランドのワーキングホリデーに関して詳しく知りたい方は

arrow.jpg
arrow.jpg
arrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

アイルランドの都市情報はこちら

Dublin(ダブリン)

アイルランドで働く前に

アイルランドで働く前に、ぜひしっておきたいミニ知識を紹介いたします!

・社会保障番号の取得
職探しの前に、まずPersonal Public Service(PPS)ナンバーを取得しましょう。
アイルランドでは就労する際にこれがないと不法就労となってしまいます。
手続きは最寄りの社会福祉事務所で申請書を提出して行います。
申請後、約2週間ほどでPPSナンバーが郵送されます。

申請に必要なもの:パスポート、滞在住所証明書(賃貸契約書、銀行預金明細書、
公共料金の請求書・領収書などがあります)
※上記に関しましては、変更となる可能性がありますので、
現地にて再度ご確認下さいませ!

・所得税の控除
ワーキングホリデー就労での税金控除を受けるためには
PPSナンバーを雇用主に知らせるとともに、アイルランド税務事務所に
「Form 12A」という申請用紙を提出します。

また、雇用主が変わるときは、もとの雇用主から「Form P45」という
証明書をもらい、新しい雇用主に提出する必要があります。

いずれの手続きもなるべく早く余裕を持って行いましょう!

アイルランドのワーキングホリデーに関して詳しく知りたい方は

arrow.jpg
arrow.jpg
arrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

アイルランドの都市情報はこちら

Dublin(ダブリン)

アイルランドのハロウィン

ここ最近、日本でもすっかり有名になったハロウィンですが、
本場はどこの国か知っていますか?

アメリカのドラマや映画などでも、よく仮装した子供が近所をまわって
お菓子をもらうシーンを見ることも多いですよね。
ですが、実は始まりはアイルランドを始めとしたケルトの人々のお祭りです。

キリスト教が広まる前のアイルランドなどケルトの人々の国では、
10月までが収穫期の夏、その後は冬でした。
そしてその季節の変わり目には、この世とあの世の間があいまいになり、
死者の霊や魔女などが現れてしまうと考えられていました。
そのため、怖い格好をして町を歩き、霊を追い払おうとしたのです。
これがハロウィンのはじまりです。

後に、アイルランドからの移民とともにアメリカや他の国にも広まりました。
ここに今のハロウィンのシンボル、カボチャのランタンの秘密があるんです。
実は元々このランタンはカブでした。
しかし、アメリカではカブよりカボチャがたくさんあり、
くりぬきやすかったこともあってカボチャがランタンとして使われることになったのです。

アイルランドにワーキングホリデーで滞在する際は、
ぜひ本場のハロウィンを楽しんでみては?
ダブリンなどではパレードもありますよ!

アイルランドのワーキングホリデーに関して詳しく知りたい方は

arrow.jpg
arrow.jpg
arrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

アイルランドの都市情報はこちら

Dublin(ダブリン)

バンジョー

みなさんアイルランドの伝統的な音楽を聴いたことがありますか?

バグパイプやフィドル(バイオリンですが呼び方が違います)、

アイリッシュハープなど様々な楽器が使われるのですが、

今回は「バンジョー」をご紹介致します。

バンジョー(Banjo)は弦楽器の一つです。

円形の胴に皮膜を張り、長いさおを取り付け、

4本もしくは5本の弦を張った楽器です。

ピックまたは指で弾くので、ギターに似ていると言われています。

個人的には音色と見た目が好きです。

日本人のバンドでも、

アイルランドの楽器を使って演奏するバンドも
増えてきているので

興味のある方は注目してみてください。

もちろん、ワーホリでアイルランドに行く方は

現地の演奏に酔いしれてください!

私も死ぬ前にバンジョーを弾いてみたいと思っています。

アイルランドのワーキングホリデーに関して詳しく知りたい方は

arrow.jpg
arrow.jpg
arrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

アイルランドの都市情報はこちら

Dublin(ダブリン)