ワーホリブログ カテゴリー: オーストラリア

 

オーストラリアへの入国時に申請をすべきもの

他の国に入国する際、入国カードの記載と共に検疫を通らなければなりません。特にオーストラリアは固有の動植物が多いことからその生態系を守るため、食品や動植物の持ち込みが他の国よりもかなり厳しく制限されています。
万が一申告せずに持ち込もうとした場合、もしくは虚偽の申告をしたと発覚した場合法律違反を犯すことになりますので、厳しい追及にあうだけでなく罰金を支払わされます。軽微なもので2万円程度、重罪と判断された場合は約600万以上の罰金や懲役10年が科せられる可能性もありますので、十分注意しましょう。
申告が必要かわからない場合はまずは申告し、税関の職員に確認してもらうことをお勧めします。持ち込めない場合は破棄もしくは送料負担をして日本に送り返す必要がありますが、申告しないでいいものを申告しても罰金などは発生しません。

オーストラリアの税関で申告が必要なものは下記の通りです。また、申告しても持ち込めない可能性もございますので注意してください。

【食品】
・魚介類、野菜、果実、肉の生鮮食品や加工食品
・麺類、ご飯類
・ソースやドレッシング等の調味料、ハーブやスパイス
・スナックや菓子類全般
・紅茶やコーヒー、乳製品
・市販薬・処方薬

【動物製品】
・皮、獣皮、毛皮、羊毛、獣毛 
・貝殻類
・はちみつ等蜜蜂製品
・ペットフード

【植物製品】
・木製品や彫り物、植物で出来た工芸品
麦わらを用いた製品
竹、籐、ラタンでできた籠
・ドライフラワー
生花

【その他】
・使用済みのスポーツ用品やキャンプ道具
・オーストラリアドルで1万ドル以上もしくはそれに該当する外貨

検疫で申告しなければならないものに関しては予告なく変更される場合がありますので、必ず渡航前に確認しましょう。ホームステイをする方の中にはお土産に抹茶味のお菓子やおせんべいを持っていこうと考えている方もいらっしゃると思いますが、食品類は基本的に持ち込まない方が無難です。
オーストラリアでの生活をスムーズに始めるためにも、帰国前に必ず上記が入っていないか確認して荷物の準備を進めましょう。

オーストラリアでの携帯電話利用方法

オーストラリアにワーキングホリデーで渡航する場合、不安なことの一つが日本との連絡手段ですよね。長期間見知らぬ土地で生活するワーキングホリデーでは、レンタルの携帯電話もしくはプリペイド携帯電話を入手することをお勧めします。なぜならば、現地で仕事をする際電話など連絡手段が必要だからです。今回は現地で利用できる携帯電話についてご案内します。

まずレンタルの携帯電話ですが、オーストラリア国内には日本語対応をしている代理店がありますので現地で契約することができます。端末を購入することもできますが、1年もしくは2年間の滞在なので購入せずにレンタルする方が多いようです。ホームページを調べ日本から事前に申し込みをしておけば、渡航前から日本の家族に番号をしらせておくことができるので安心です。しかし格安のプランを提供している代理店の中には、データ通信量や通話代をあえて低く設定させ、高額な超過料金を請求して高い利益を得ている会社もあるので、注意が必要です。
プリペイド式携帯電話は、携帯電話の代理店で契約することが可能です。端末本体は現地で購入するか日本のSIMフリーの端末を持ち込むかを選択することができます。ただし、SIMフリーにできる端末でも、日本の携帯会社で購入した場合、ロックがかかっている可能性が高いので、渡航前に必ず確認しましょう。料金はプランによって変わりますが、一ヶ月あたり約30ドル程度で、使い切るごとにチャージする必要があります。

上記以外に、日本の携帯会社で提供されている海外用のプランを利用することも可能です。ただし、電話の発信やメールの送信だけでなく着信や受信でも料金がかかるので、日本で利用するよりも通信料通話料ともに圧倒的に高くなります。必ず料金設定を理解し利用するように努めましょう。

いかがでしょうか。どの方法を選択してもメリットデメリットはあります。折角海外で生活しているのですから携帯電話ばかり頼るのは勿体無いですが、最低限日本との連絡手段は確保する必要があるので、自分にあったものを選択しましょう。現地での高額請求を避けるためにも、自分が普段どれだけ利用しているのか渡航前に確認するといいかもしれませんね。

sec-main-seikyu.gif

タックスファイルナンバーについて

オーストラリアで就労するために必要になってくるものが、タックスファイルナンバー(TFN)です。
タックスファイルナンバーとは納税者番号のことで、オーストラリアで働く際雇用主に必ず提示しなければなりません。ただし一度取得すると就労先やビザの種類を変えても再申請する必要がありません。

このタックスファイルナンバーは、オーストラリアに到着後オンラインでの申請が可能です。申請後28日以内に登録した住所に書類が郵送されてきますので、渡航後なるべく早く申請するようにしましょう。申請に必要なものはパスポートと就労可能なビザのみです。

申請の手順は、Australian Taxation OfficeのサイトのPermanent migrants or temporary visitors to Australiaをクリックします。Permanent migrants or temporary visitors-Apply onlineを選択すると、パスポート情報や名前などの個人情報を入力すると、既にTFN もしくはABNを取得しているかという質問がでます。ABNとはオーストラリアで起業した人のみ持っている番号ですので、当てはまらない場合はNOを選択しましょう。書類の郵送先は間違えないよう、注意してください。
申請後、「Receipt Number」という番号が表示されるので、これを必ずメモしておきましょう。

下記URLから申請してください。
http://www.ato.gov.au/individuals/content.aspx?doc=/content/38760.htm&pc=001/002/001/008/002&mnu=51&mfp=001&st=&cy=1

sec-main-seikyu.gif

オーストラリアでの滞在方法(シェアハウス探し)

留学中の滞在方法と聞けば、ホームステイを思い浮かべる方が多いはず。ただ現地に長く滞在するワーキングホリデーの方には、料金を抑えることができるシェアハウスをお勧めします。まずシェアハウスとは一軒家やユニット。フラットという日本でいうアパートやマンションに数人で家賃を分割しなが共同生活をする方法のことです。日本ではあまり有名ではありませんが、海外では一人暮らしをするより一般的な方法です。基本的にはキッチンやバスルーム、リビングなどの共用スペースは皆で使い、その他の部屋を一人もしくは二人で使うことが多いです。日本と違い、オーストラリアでシェアハウスを探すことは難しくありません。専用のサイトをのぞくと沢山の募集があるので、気になる家があったらオーナーとコンタクトを取り、見学の日程を決めます。内見を行い、気に入ったらそこで契約成立、すぐに移動することができます。ただし、シェアを始める前にいくつか注意すべきことがあります。まず、シェアをする場所に気をつけることです。家賃は基本週払いで、都心よりも郊外の方が安めです。しかし安さだけで選んでしまうと治安面が心配なこともあります。入居を決める前に家の見学に行くことをお勧めします。また、週に一度決まった時間に掃除する、冷蔵庫の使う範囲が決まっている、夜何時以降は騒がないなど、それぞれの家にルールがあるということです。文化も言語も違う人々が集まり生活する中で、気持ちよく生活するにはルールを守ることも必要です。

一方で日本人以外の人と生活することで、自分の視野が広がり違う考えを許容することが出来るようになります。また、意思疎通を行わざるを得ない環境で英語力を伸ばすことも期待できるでしょう。日常生活を通して考え方や価値観を共有できる素晴らしい機会になります。ぜひ、一度シェアハウスをためしてみましょう。

sec-main-seikyu.gif

オーストラリアの交通事情(バス編)

オーストラリアで移動するときは基本的に電車やバス、車を利用します。また、都市によっては路面電車やモノレールが運行している場合もありますが、今回はどの都市でもよく使われるバスについてご案内します。

まず乗車方法ですが、日本とは違い手を上げて乗車意志を伝えないと素通りされてしまうので注意が必要です。どの都市でも共通するのが、バスに乗ったときに運転手に行き先を告げてから目的地までのチケットを購入する、前払い方法です。また、日本と同様にチャージ式ICカードも普及しているので、長期の滞在をする方はご購入をおすすめします。

乗車してからも注意が必要です。停車場所を知らせる車内アナウンスがないからです。風景を覚えるまでは運転手さんに停車位置を伝えたりバス停のナンバーを覚えたりするようにしましょう。また、日本とは違い時間通りにバスが来ないことは多々ありますので、時間に余裕をもって行動するように心がけましょう。

これらの日本との違いにも慣れると、停車位置が数多く設定されているバスはとても便利です。また、都市にとっては無料のシャトルバスが運行しているので、費用を抑えて移動することも可能です。シドニーでは緑色のShuttleというバスが市内の中心地を約10分間隔で回っており、西オーストラリアのパースでもCat busが市内の中心地を走っています。是非乗りこなして行動範囲を広げましょう。

sec-main-seikyu.gif

オーストラリアのビザ申請

オーストラリアはアメリカやイギリスと比べて治安が良く時差が少ないため、住みやすい国として知られています。
そんな人気のオーストラリアで生活する方法は3つあります。

まず一つ目が休学したくない方や観光を楽しみたい方にお勧めである短期留学。
修学期間が3ヶ月以内であれば、申請費用が約2000円(2015年10月現在)の観光ビザの申請で滞在することが可能です。

二つ目が長期留学。大学・大学院進学だけではなく、TAFE(職業訓練学校)で専門的な勉強をすることも出来ます。
長期留学をする為に必要な学生ビザの費用は550ドル(2015年10月現在)。
2週間に40時間のパートタイムの就労が許可されていますが、Overseas Student Health Coverという海外留学生の為の健康保険に加入し学校の出席率や既定条件を満たして継続しての在籍することが必要になります。

三つ目はワーキングホリデー。
18歳以上で31歳未満であること、日本国籍で日本のパスポートを持っていること、子供を同行しないことなど条件がいくつかあるので必ず申請前に確認しましょう。
修学期間が4ヶ月以内、一雇用主のもとで働ける期間が6ヶ月以内という制限はありますが、学校で学ぶことも働くこともできる自由度が高いビザです。
また、88日間のファームステイをすることで2回目のワーキングホリデービザを申請することも出来ます。申請費用は440ドル(2015年10月現在)。

ビザ申請の方法は、まずオーストラリアの移民局のサイトでIndividuals and TravellersのImmiAccountを選択し、イミアカウントを作成します。
名前やパスポートなど個人情報、健康状態や犯罪経歴などを入力した後、申請費用をクレジットカードで支払います。
進行状況の確認など、ビザに関わるすべての手続きを行うことが出来ます。
審査の結果ビザがおりると、郵送またはメールでビザ発給通知書がとどくので、オーストラリア入国の際にパスポートを提示するとビザが発給されます。
詳しくは移民局のHPをご覧ください。http://www.border.gov.au/

sec-main-seikyu.gif

オーストラリアの面白ニュース

世界で起きた面白ニュース
日本ではよくテレビのバラエティー番組で見ますよね。

ワーキングホリデー先として人気の国、
オーストラリアでも面白いニュースは報道されます。

そのうちの一つで、
なんと飛行機に乗ってパブに飲みに行ったというニュースがあります。

このニュース、突っ込みどころが満載なのです。

まず、この飛行機、翼がありません。
そしてこの飛行機を運転してきた男性は、
「飛んできたのではない、道路を走ってきた。帰りも道路飛ぶ予定はない」と主張していますが、
ビールを飲んでいるので、飲酒運転になってしまいます。笑

さらに、道路を運転してきたとはいえ、
パイロットの免許をもっていません。
この男性は「飛んでいない」ということを主張しておりますが、
運転しているので、立派な無免許運転です。笑

ここまで馬鹿げたニュースだと、思わず笑ってしまいますよね。笑
ワーキングホリデーでオーストラリアに来た際には、
こんな面白いニュースも聞き取れるようになりたいですね(^^)/

ワーキングホリデーに関してさらに詳しく知りたい方は

arrow.jpgarrow.jpgarrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

日本語のフリーペーパー

日本ではホットペッパーやタウンワーク、anなど
無料の情報雑誌が街のあちらこちらに置いてありますよね!

内容としては、アルバイトの求人やレストラン、美容室の情報やクーポンなど、
幅広いジャンルの情報が載っています。

オーストラリアでもそのようなフリーペーパーを簡単に入手することができます。

ワーホリに行ってからすぐだとまだ英語は読めないだろうなぁ、、、という方も安心してください!
なんと、現地には日本語のフリーペーパーが沢山あります。

例えば、

日豪プレス(NICHIGO PRESS)
チアーズ (Cheers)
ジェンタ(Jenta)
ジャパラリア(Japaralia)

などです。

地域限定のものから全国版まであります。
ワーホリ中の方が一番気になるバイトの求人やシェアハウスの情報ももちろん載っています。

今ではオンラインで見ることもできるらしいので、
是非ワーキングホリデーに行かれた際には活用してくださいね☆

ワーキングホリデーに関してさらに詳しく知りたい方は

arrow.jpgarrow.jpgarrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

世界一美しい海岸道路

世界一美しい海岸道路がオーストラリアにあるのを皆さんご存じでしょうか?

オーストラリア南東部、ビクトリア州の海岸沿いにある、
「グレート・オーシャン・ロード」です。

「グレート・オーシャン・ロード」は単に美しいだけではなく、
道中の大自然には野生のコアラやカンガルーが生息しています。
その希少性から世界遺産への登録も活発化しており、
未来の世界遺産とも言われています。

グレート・オーシャン・ロードは200km以上続いており、
数多くの絶景ポイントがありますが、
中でももっとも有名なのが「十二使徒」です。

むかし、この光景をみた人々が、
海から70mも突き出した12の岩々があまりに神々しかったことから
キリストと十二人の弟子たちになぞらえて十二使徒と命名したそうです。

メルボルンにワーホリに行ったときには、
是非、世界一美しい海岸道路に行ってみてくださいね☆

ワーキングホリデーに関してさらに詳しく知りたい方は

arrow.jpgarrow.jpgarrow.jpg

sec-main-seikyu.gif

コアラを抱っこできる州とできない州

オーストラリアの動物といえばコアラですが、
実はオーストラリアのどこの州であっても抱っこができるわけではありません。

コアラを抱っこできる州は、
クイーンズランド州
西オーストラリア州
南オーストラリア州

実は、この3つだけなのです。

この3つの州であればどこの動物園であっても
抱っこができるわけではないので、
事前に確認してから動物園に行きましょうね(^^♪

ただし、抱っこが禁止されているだけで、
オーストラリアの動物園では高確率でコアラに出会うことはできますよ!

コアラは繊細な性格をしていますので、
抱っこをされるとストレスを受けることもあり、
州によっては法律で抱っこを禁止しています。

抱っこをする際には、コアラのことも考えて
優しく抱っこしてあげて下さいね☆

ワーキングホリデーに関してさらに詳しく知りたい方は

arrow.jpgarrow.jpgarrow.jpg

sec-main-seikyu.gif