お金の持参方法

海外で長期間滞在する場合、一番心配なのがお金の管理の仕方ですよね。日本で貯金していた現地での生活費をどう管理するのか心配な方も多いはずです。今回は海外へのお金の持参方法をご紹介します。
お金の持って行き方は一つではなく、いくつかの方法に分けることをお勧めします。下記をうまく組み合わせて持参するようにしましょう。

① 現金

一番身近で手軽な方法が現金です。出発前に現地通貨に両替して持って行くと、到着してすぐに必要な交通費や食費などで支払うことができるので便利です。カード社会といわれる海外でも、店舗や購入金額によってはカードを使えない場合もありますので、お財布には最低でも数千円は入れておきましょう。しかし、盗難や紛失が起きた際ほぼ補償がきかないというデメリットがありますので、大金を持参することはオススメできません。

② 海外で利用が出来るクレジットカード

日本と違って、海外では現金よりもクレジットカードでの支払いが主流です。最低1枚、紛失した時や上限がいっぱいになった時のことを考慮して2枚持参した方が安心です。アメックスやJCBは利用できる店舗がかなり限られますので、カードの種類はVisaかMaterをおすすめします。また、発行には時間がかかりますので、早めに発行手続きを行いましょう。使いすぎてしまい限度額を超えてしまう場合もありますので、使い方には十分注意が必要です。キャッシング機能をつけることもできるので、現地で急に現金が手元に必要になった場合引き下ろすことができます。

③ デビットカード

支払う際に口座に引き落とし金額以上の残高がないと支払うことができないのがデビットカードです。銀行で提供されているカードになりますので、口座を持っている銀行で作成する、もしくは新しい銀行口座を開設する必要があります。各銀行によってサービス内容が異なりますので確認しましょう。クレジットカードと違い使いすぎを防ぐことができますので、カードを使い慣れていない方におすすめです。こちらもキャッシング機能をつけることができます。

④ 国際キャッシュカード

クレジットカードとデビットカードの以外で予備としてご紹介しているカードが国際キャッシュカードです。指定の口座に入金すると、その金額分海外で引き落とすことができるという便利なカードです。カード決済機能とキャッシング機能の両方を持ち合わせているものもあるうえに、入金額がそのまま利用限度額となるため、使いすぎる心配がありません。

いかがでしょうか。お金の持参方法はたくさんありますので、自分の使い方に合わせて選択しましょう。