オーストラリアへの入国時に申請をすべきもの

オーストラリアへの入国時に申請をすべきもの

他の国に入国する際、入国カードの記載と共に検疫を通らなければなりません。特にオーストラリアは固有の動植物が多いことからその生態系を守るため、食品や動植物の持ち込みが他の国よりもかなり厳しく制限されています。
万が一申告せずに持ち込もうとした場合、もしくは虚偽の申告をしたと発覚した場合法律違反を犯すことになりますので、厳しい追及にあうだけでなく罰金を支払わされます。軽微なもので2万円程度、重罪と判断された場合は約600万以上の罰金や懲役10年が科せられる可能性もありますので、十分注意しましょう。
申告が必要かわからない場合はまずは申告し、税関の職員に確認してもらうことをお勧めします。持ち込めない場合は破棄もしくは送料負担をして日本に送り返す必要がありますが、申告しないでいいものを申告しても罰金などは発生しません。

オーストラリアの税関で申告が必要なものは下記の通りです。また、申告しても持ち込めない可能性もございますので注意してください。

【食品】
・魚介類、野菜、果実、肉の生鮮食品や加工食品
・麺類、ご飯類
・ソースやドレッシング等の調味料、ハーブやスパイス
・スナックや菓子類全般
・紅茶やコーヒー、乳製品
・市販薬・処方薬

【動物製品】
・皮、獣皮、毛皮、羊毛、獣毛 
・貝殻類
・はちみつ等蜜蜂製品
・ペットフード

【植物製品】
・木製品や彫り物、植物で出来た工芸品
麦わらを用いた製品
竹、籐、ラタンでできた籠
・ドライフラワー
生花

【その他】
・使用済みのスポーツ用品やキャンプ道具
・オーストラリアドルで1万ドル以上もしくはそれに該当する外貨

検疫で申告しなければならないものに関しては予告なく変更される場合がありますので、必ず渡航前に確認しましょう。ホームステイをする方の中にはお土産に抹茶味のお菓子やおせんべいを持っていこうと考えている方もいらっしゃると思いますが、食品類は基本的に持ち込まない方が無難です。
オーストラリアでの生活をスムーズに始めるためにも、帰国前に必ず上記が入っていないか確認して荷物の準備を進めましょう。