オーストラリアのビザ申請

オーストラリアはアメリカやイギリスと比べて治安が良く時差が少ないため、住みやすい国として知られています。
そんな人気のオーストラリアで生活する方法は3つあります。

まず一つ目が休学したくない方や観光を楽しみたい方にお勧めである短期留学。
修学期間が3ヶ月以内であれば、申請費用が約2000円(2015年10月現在)の観光ビザの申請で滞在することが可能です。

二つ目が長期留学。大学・大学院進学だけではなく、TAFE(職業訓練学校)で専門的な勉強をすることも出来ます。
長期留学をする為に必要な学生ビザの費用は550ドル(2015年10月現在)。
2週間に40時間のパートタイムの就労が許可されていますが、Overseas Student Health Coverという海外留学生の為の健康保険に加入し学校の出席率や既定条件を満たして継続しての在籍することが必要になります。

三つ目はワーキングホリデー。
18歳以上で31歳未満であること、日本国籍で日本のパスポートを持っていること、子供を同行しないことなど条件がいくつかあるので必ず申請前に確認しましょう。
修学期間が4ヶ月以内、一雇用主のもとで働ける期間が6ヶ月以内という制限はありますが、学校で学ぶことも働くこともできる自由度が高いビザです。
また、88日間のファームステイをすることで2回目のワーキングホリデービザを申請することも出来ます。申請費用は440ドル(2015年10月現在)。

ビザ申請の方法は、まずオーストラリアの移民局のサイトでIndividuals and TravellersのImmiAccountを選択し、イミアカウントを作成します。
名前やパスポートなど個人情報、健康状態や犯罪経歴などを入力した後、申請費用をクレジットカードで支払います。
進行状況の確認など、ビザに関わるすべての手続きを行うことが出来ます。
審査の結果ビザがおりると、郵送またはメールでビザ発給通知書がとどくので、オーストラリア入国の際にパスポートを提示するとビザが発給されます。
詳しくは移民局のHPをご覧ください。http://www.border.gov.au/

sec-main-seikyu.gif