ワーキングホリデー (ワーホリ) とは、一定期間(基本的には1年間、国によって6ヶ月間または2年間)、就学・旅行・異文化交流など、海外での生活を楽しみながら、滞在中の生活資金を補う為に、現地で就労が認められている特別な制度です。

ワーキングホリデー制度利用者の事を「ワーキングホリデーメーカー」と呼び、ワーキングホリデー協定を結ぶ特定の国から参加希望を持つ青年(18歳~25歳または30歳)に、ビザ(ワーキングホリデー査証)が発行されます。

ワーキングホリデー制度の目的は「広い国際的視野をもった青年の育成」と「両国間の相互理解、友好関係の促進」にあり、日本とはオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、中華民国(台湾)、香港の11カ国がワーキングホリデーの協定を結んでいます。原則として各相手国ごとに一生に一度しか利用できない貴重な制度になりますが、オーストラリアでは2005年11月より一定の条件を満たすことにより2回目のビザ取得が可能となるなど、国によって参加条件や、就労・就学に関する規定が異なります。まずは、希望国の制度から、ビザの詳しい申請方法、また現地生活情報等の情報収集からスタートしましょう!!

ワーキングホリデーは、どれくらいの費用がかかるの?

海外で生活してみたい!色んな事にチャレンジしてみたい! でも、気になるのは「費用」。
ワーキングホリデー滞在中に必要となる費用は住居費、生活費、レジャー費用、学費など。気になるのは、その金額ですよね。ワーキングホリデーは旅行とは違い、長期間現地に滞在し生活するため、現地の物価の違いや、就労環境などによって食費や家賃、収入などの違いがあり、生活の仕方や渡航先、また目的にもよって、費用が大きく異なってきます。

ワーキングホリデーの費用、各国の料金プラン

ワーキングホリデーから 帰ったあとの就職活動

「ワーキングホリデーに行ってみたい!!」いざ真剣に考え始めてみると、現地での仕事のことや、帰国後の就職のことなどが気になり出したりしませんか?
まだ英語も話せないのに、海外に行って本当に仕事なんて出来るの?みんなどんな仕事をしているの?と、チャレンジしたい気持と並行してまだ見ぬ世界に不安もあふれてきます。中にはキャリアアップに繋げる為に、現地企業で働きたい!専門的な資格を活かして、海外で活躍したい!そんな目的をお持ちの方もいらっしゃいますよね。 また、「ホリデー」という名前から遊びの延長と捉えられることも多いワーキングホリデー(ワーホリ)。結果、「ワーキングホリデーをしていました」という言葉は、帰国後の就職には活かせない、そんな話を耳にしたことはありませんか?一方で、ワーキングホリデーを通じて、海外就職の夢を実現させた方も存在します。本当の就職事情とは…?

そんなワーキングホリデーにかかわる就職・就労への悩みを一挙解決!詳しくはこちら

ワーキングホリデーの 年齢制限

ワーキングホリデーメーカーの対象は「青年」。青年の定義に当てはまる年齢は18歳から25歳、または30歳、と国によって異なります。
今年で30歳だから、私はもう参加出来ないのかな…?と諦めかけている方!31歳の誕生日前にビザを取得すれば、31歳になってからも渡航可能な国もあります。諦める前に、行きたい国の制度がどうなっているのか、まずは詳しく調べてみましょう!

各国ビザの規定や条件

ワーキングホリデー NEWS

PICK UP!!


2016.07.04 お金の持参方法...
海外で長期間滞在する場合、一番心配なのがお金の管理の仕方ですよね。日本で貯金していた現地で...
2016.06.14 オーストラリアへの入国時に申請...
他の国に入国する際、入国カードの記載と共に検疫を通らなければなりません。特にオーストラリア...
2016.06.03 海外でのインターネット環境に関...
現地での生活を始める際の心配事の一つがインターネット環境ですよね。日本では当たり前のように...

2016.07.04 

お金の持参方法...
海外で長期間滞在する場合、一番心配なのがお金の管理の仕方ですよね。日本で貯金していた現地で...
2016.06.14 

オーストラリアへの入国時に...
他の国に入国する際、入国カードの記載と共に検疫を通らなければなりません。特にオーストラリア...
2016.06.03 

海外でのインターネット環境...
現地での生活を始める際の心配事の一つがインターネット環境ですよね。日本では当たり前のように...